FC2ブログ



ラジオでしゃべるネタ帳です 話題に尽きないのが社会の恐ろしいところ


My Yahoo!に追加
ブログ人気ランキング

RSSフィード



最近の記事



カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



日本IBM、P2Pソフトで顧客情報を“公開”
日本IBMは30日、同社の顧客情報がP2Pソフト「LimeWire」のネットワーク上で閲覧・入手できる状態になっていたことを明らかにした。業務用PCでLimeWireを使用していた同社社員が、同ソフトの公開フォルダに顧客情報を誤ってアップロードしていたことが原因だ。
 「顧客8社のデータがネット上で閲覧できる」という社外からの通報があり、2005年12月26日に発覚した。通報を受けて調査したところ、社員が秋ごろから業務用PCでLimeWireを使用していたことが判明。社員のPCには、契約書や報告書、提案書などを含む計19社の顧客情報が保存されていた。現時点では、通報者以外に顧客情報が閲覧・入手された事実はないという。
 日本IBMでは、「Winny」などP2Pソフトによる情報漏洩が続出していることから、業務で使用するPCにP2Pソフトを導入することを禁止していた。今回の流出を受け、指定していないソフトの利用禁止を日本IBMグループ企業全体に再徹底するとしている。

http://news.goo.ne.jp/news/internet/it/20060131/iw2006013105-internet.html


Limewireの場合、いちいち専用フォルダにファイルを入れなければ、同ソフトの公開フォルダに顧客情報を誤ってアップロードしていたということはありえません。
よって、悪意がある事件。

そして、もうひとつ明らかになったことがあります。
会社のPCで音楽やら動画やらを落とせるという、IBMの社風の緩さ。
外資系だし、さぞかし働きやすいんでしょうねー
うらやましい。
スポンサーサイト




Web of the Year 2005
ソフトバンククリエイティブは7日、月刊誌「Yahoo! Internet Guide」が行なった「Web of the Year 2005」の授賞式を都内で開催した。司会はフジテレビの笠井信輔アナウンサー。2ちゃんねるで部門賞を受賞した西村博之氏らインターネット業界の著名人が集結した。
 Web of the Year 2005の年間総合大賞を受賞したのは「mixi」。運営するイー・マーキュリーの笠原健治代表取締役は「mixiは当初、社員数十名で始めたサービスだが、今では200万人に利用していただくサービスに成長した。電車に乗っていると隣でmixiの話をする人もいる。一般的なサービスになって本当にうれしい」とコメント。今年30歳の節目の年だという笠原氏は「これからも気を引き締めていきたい」と述べた。

http://news.goo.ne.jp/news/internet/it/20051209/iw2005120901-internet.html


mixiすごいなー
生き遅れなくてよかったと、タテー氏に心から感謝しております。