FC2ブログ



ラジオでしゃべるネタ帳です 話題に尽きないのが社会の恐ろしいところ


My Yahoo!に追加
ブログ人気ランキング

RSSフィード



最近の記事



カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



マンUのネヴィル、喜び過ぎで罰金受ける
 FA(イングランドサッカー協会)は現地時間21日(以下現地時間)、マンチェスターU所属のイングランド代表DFギャリー・ネヴィルに対して、喜び方が度を越していたとして、5000ポンド(約100万円)の罰金を科したことを発表した。
 マンUのキャプテンを務めるネヴィルは、1月22日に行なわれた国内リーグのリヴァプール戦の試合終了間際、決勝弾となるファーディナンドのゴールが決まった瞬間に喜びを爆発。ユニフォームを握り締め、マンUのクラブロゴを指差しながら、叫び声を上げて走り回っていた。この行為に対してFAは、相手ファンを挑発しているとして問題視していた。

http://sports.yahoo.co.jp/hl?c=sports&d=20060222&a=20060222-00000055-ism-spo



スポンサーサイト




久保復活弾、日本が快勝 小笠原、超ロングで追加点
サッカーの国際親善試合キリン・チャレンジカップは18日、静岡スタジアムで行われ、日本代表が今年の国内初戦でフィンランド代表に2-0で快勝した。
10日の米国戦から先発3人を入れ替え、ワントップから久保(横浜M)と巻(千葉)の2トップに変更した日本は前半、相手の分厚い守りにてこずった。しかし後半は圧倒。3分に久保が小笠原(鹿島)の折り返しを押し込んで先制し、12分には小笠原が自陣から約60メートルの超ロングシュートを決めた。代表復帰2戦目の久保は、代表で約1年8カ月ぶりのゴールとなった。

http://news.goo.ne.jp/news/kyodo/sports/20060218/20060218a5850.html


TVで見てました。
小笠原、あれは狙って蹴らな入らんよ。
日本代表史に残るゴールであることは間違いない。

ゴールVTRを見た瞬間、やべっちが「アハハハ」と笑う姿が容易に想像できます。

J・コール 殴られ半裸で逃走
チェルシーのイングランド代表MFジョー・コール(24)がとんでもない珍事件に巻き込まれた。英サン紙が11日付で報じた。7日のFA杯3回戦の試合後、友人の女性モデルが主催したパーティーに参加。酔っぱらって女性の寝室でうたた寝していたところを女性の友人男性に誤解され、一方的に殴られた。
はだしで窓から外へ逃げ出したが、シャツは破れて上半身むきだし、血だらけの状態だった。その様子を目撃した人は「最初は誰も彼だと分からなかった」「血まみれでジーンズをはいているだけ。タクシーも素通りしていた」と証言。何とかタクシーを拾って自宅に着いたが、財布と携帯電話もなくしていたため父親に助けを求めて支払いを済ませた。イングランド代表の人気スターだが、踏んだり蹴ったりの一晩だった。

http://news.goo.ne.jp/news/sponichi/sports/20060112/kfuln20060112002012.html

父親に助けを求めた・・・あれだけのスターが家族と同居なんですね。
殴った男も、ジョーと知らずに殴ったのか?
日本で言うところの、宮本・小笠原級の選手を殴るようなもんやろ。
母国の代表選手を殴る勇気、僕にはありません。

日本、ブラジルなどとF組 サッカーW杯組み合わせ
来年6月9日に開幕するサッカーの2006年ワールドカップ(W杯)ドイツ大会の1次リーグ組み合わせ抽選会が9日、ドイツのライプチヒで行われ、3大会連続3度目の出場となった日本は前回王者ブラジル、クロアチア、オーストラリアと同じF組に入った。

http://news.goo.ne.jp/news/kyodo/sports/soccer/jsoccer/20051210/20051210_h676.html?C=S


グループ A : ドイツ コスタリカ ポーランド エクアドル
グループ B : イングランド パラグアイ トリニダード・トバゴ
スウェーデン
グループ C : アルゼンチン コートジボワール セルビア・モンテネグロ オランダ
グループ D : メキシコ イラン アンゴラ ポルトガル
グループ E : イタリア ガーナ アメリカ チェコ
グループ F : ブラジル クロアチア オーストラリア 日本
グループ G : フランス スイス 韓国 トーゴ
グループ H : スペイン ウクライナ チュニジア サウジアラビア

http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/wcup/06germany/live/index.html


日本人なら、まず「オランダと同組やなくてよかったー」という意見でしょう。
セルビア・モンテネグロ、結果からいえば、ある意味本当にスペシャル・ポットに入っていました。ただし台風の目になる予感。

グループFですが、管理人は「日本1位通過間違いなし」という大穴予想をたてます。
ブラジルはアドリアーノ―ロナウドの不穏な空気がチーム全体に波及して、2位通過と見る。

日本の初戦の相手がオーストラリア、「勝って当然」「絶対勝たねばならぬ」のプレッシャーはきつそうですね。
また、日本の予選通過の条件として「クロアチア戦との星の取り合い・つぶし合い」が一般的な世論で挙がっていますが、
予選通過のためには「ブラジル戦必勝」の方が重要ではなかろうか。

何はともあれ、2006年はW杯ギャンブル儲け年。誰か2択バクチ&優勝バクチの相手しませんか?

ガンバ大阪、劇的初優勝
サッカーのJリーグ1部(J1)は3日、各地で最終節の9試合を行い、前節2位のガンバ大阪が川崎フロンターレに4-2で勝ち、勝ち点60で優勝した。Jリーグ発足後初のタイトル獲得で、関西勢のJ1制覇も初めて。前節首位のセレッソ大阪が終了間際、FC東京に2-2に追いつかれて勝ち点59にとどまったため、劇的な逆転優勝が転がり込んだ。
5チームに優勝の可能性がある大混戦で迎えた最終節。G大阪は2度のリードを追いつかれたが、後半34分に日本代表MF遠藤保仁がPKで勝ち越し点を決め、終了間際にはFWアラウージョがこの日2点目でダメ押しした。C大阪は後半3分にFW西沢明訓が2点目を決めて2-1とリードしたが、ロスタイム突入寸前に同点ゴールを許した。

http://news.goo.ne.jp/news/kyodo/sports/20051203/20051203a5580.html


大阪同士で優勝を争うなんて、さぞかし粋なこと。
セレッソがまたしても終了寸前で優勝を逃すことには、運命を感じます。
でも、ガンバもアラウージョ退団&大黒欧州移籍の噂が濃厚。
得点力は吉原頼みかー
大黒だけに、お先真っ黒。