FC2ブログ



ラジオでしゃべるネタ帳です 話題に尽きないのが社会の恐ろしいところ


My Yahoo!に追加
ブログ人気ランキング

RSSフィード



最近の記事



カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



損保ジャパン、違法販売で520人の大量処分
損害保険大手の損保ジャパンの社員280人が契約目標の達成のため、近親者や取引先に加入を頼み、自分で保険料を立て替えて代理店が契約を取ったことにしていたことが分かった。保険会社による保険料立て替えは「特別利益の提供」にあたるとして保険業法で禁じられている。同社はこの事実を対外的には公表しないまま、社内で約520人の大量処分をしていた。金融庁は同社の行為を把握しており、今後、行政処分を検討するとみられる。
 違法行為で販売していた商品は提携先の第一生命保険の生命保険。02年2月~05年8月に合計366件の違法販売が確認された。両社は01年から相互に相手の保険商品を自社営業網で販売する提携を結んでいる。
 損保ジャパンによると、04年10月からの社内調査で違法販売が発覚し、05年2月以降に全国の社員計6000人に聞き取り調査をした。その結果、280人の営業担当社員が契約者に代わって保険料を立て替える違法行為をしていたことを認めた。代理店での第一生命商品の契約高が目標未達になったためという。全国約530の販売拠点のうち約130拠点で起きていた。
 担当する代理店の成績が悪ければ社員の業績評価に響くことから、自腹を切ってでも成績を上げようとしたという。代理店を管理する側の社員が違法行為をしていたうえ、早期解約や保険料の払い込みが滞るといった例が少なかったため、違法行為があってから3年間も発覚しなかった。
 違法販売が大規模に起きたことについて同社は「組織的な指示はない。販売目標の達成が最優先され、社員への法令順守教育が不徹底だった」として、社員の業績評価の手法を見直す方針だ。ただ、業界ではこうした立て替え行為は「販売目標達成の常套(じょうとう)手段」(関係者)との声もある。
 損保ジャパンが販売する第一生命の商品は死亡保険が中心で、第一生命全体の新規契約高の2%超を占めている。問題が起きた期間の販売実績は約3万6000件だった。違法販売の契約対象者には違法の事実を直接説明し、すでに解約した契約者もいるという。
 損保ジャパンでは昨年12月、山口支社で社員が契約書の印鑑を勝手に押すなど、過去3年間に52件の不適切な契約手続きをしていたことも明らかになっている。

http://news.goo.ne.jp/news/asahi/keizai/20060214/K2006021302880.html

日本企業の最も醜い部分。
発覚しただけまだマシです。
どの企業にも、こういう「目標達成第一主義」が横行している。
font color="#FF0000">担当する代理店の成績が悪ければ社員の業績評価に響くことから、自腹を切ってでも成績を上げようとしたというという社風がまかり通る企業自体、もはや信頼のかけらもありません。
やっぱり保険は外資企業に頼るべきなのでしょう。
スポンサーサイト




「一緒にビールを」で480万円
オーストラリアの若い男性4人がインターネットのオークションサイトで、週末にソーセージとビールを一緒に楽しむ即席の友達になります、と自分たちを売り込んだところ、5万5000豪ドル(約480万円)での入札があった。
シドニーのセールスマンや学生ら4人がオークションサイト、イーベイに出したメッセージは「少しのビールとソーセージでとても楽しい時間を過ごす友達はいませんか。それとも、単に今の友達に退屈していますか」と呼び掛けている。
オークションは1月25日に99セントで始まり、96件もの入札があり、31日の時点で最高値は55100豪ドル(約480万円)。オークションは2月4日まで続くという。
イーベイに掲載された写真では4人はごく普通のオーストラリアの若者。「すぐに親友になってみせるよ!」と自信満々だ。

http://news.goo.ne.jp/news/jiji/kokusai/20060131/060131075207.t9b6qk7k.html


週末にソーセージとビールを一緒に楽しむ即席の友達になります・・・違う意味で「ソーセージとビール」と勘違いした、業者の方々が入札していることは間違いない。
そら、確かに「すぐに親友に」なれますよ。

4人はごく普通のオーストラリアの若者・・・普通って・・・見た目だけやろ。


お菓子の家はどんな味? 神戸のテーマパークに登場
神戸市中央区のテーマパーク「神戸スイーツハーバー」に、グリム童話「ヘンゼルとグレーテル」に出てくる「お菓子の家」が2日、お目見えした。3日からの一般公開を前に幼稚園児が招待され、壁に飾り付けられたクッキーを大喜びでほお張った。
 お菓子の家はドイツの伝統的なクリスマスの飾り。計約130キロのシナモン入りクッキーで屋根や壁を作り、高さ約2メートルと子どもが立って入れる大きさ。屋根の上には粉砂糖や卵白を泡立てたメレンゲでできた雪が降り積もっている。
 子どもたちは代わる代わる家の中に入って大はしゃぎ。ドアの周りのクッキーに勢いよくかじりついた東周平ちゃん(5つ)は「ケーキより甘くておいしい」とにっこりほほ笑んだ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20051202-00000160-kyodo-soci


クッキーに勢いよくかじりついたということは、客は食べても良いということでしょうか?
腐ったりしないんでしょうか?
味わった後は、職人が修復するんでしょうか?

ひとつ言えることは、
幼い頃に夢が叶ってしまうことほど、切ないことはない。
これはもう、物の豊かさがもたらす不幸の象徴だという見方。

唐十郎さん紫綬褒章辞退していた
アングラ劇団「状況劇場」や後身の「唐組」を主宰し、日本演劇界を牽引(けんいん)してきた演出家、作家の唐十郎さん(65)が今秋、紫綬褒章の内示を受けながら、辞退していたことが24日分かった。夕刊フジの直撃に対し、唐さんは「お客さんに対する礼儀」と理由を語った。
唐さんは昭和45年の岸田国士戯曲賞、58年の芥川賞など、演劇でも文学でも数々の賞を受賞してきたが、「どれも民間の賞」だという。
 38年の「状況劇場」旗揚げ以来、東京・新宿の花園神社や戒厳令下の韓国に紅テントを建てて公演を行うなど、唐さんは体制に縛られないアングラにこだわり続けてきた。
 「紅テントで泥臭い活動を続けてきた。国から賞を与えられると、国がバックグラウンドというか、国にアイデンティティーを与えられたようで、芝居の作り方が変わってしまう」
 「僕は紅テントでも、お客さんにワイルドスピリッツを求めている。受章のために尽力してくださった関係者の方々にはじゅうじゅう謝ったが、今回の辞退はお客さんに対する礼儀です」

http://news.goo.ne.jp/news/fuji/geino/20051124/320051124025.html?fr=rk


この行為こそが、紫綬褒章以上に価値あるものとして、とても印象的です。
お客さんにワイルドスピリッツを求めている。というコメントも、作品(演者+観客+空間)に対する姿勢を示すものとして、非常に共感できる「さすが唐十郎!」と思える興味深いものです。
そして、アングラ・マイノリティに生きる者として、見習いたい生き方・考え方です。