FC2ブログ



ラジオでしゃべるネタ帳です 話題に尽きないのが社会の恐ろしいところ


My Yahoo!に追加
ブログ人気ランキング

RSSフィード



最近の記事



カレンダー

12 | 2006/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



菓子・カップめんで合格祈願!? コンビニなど受験生応援商品
「ウカール」に「ハイレルモン」-。本格的な受験シーズンに合わせ、食品メーカーやコンビニエンスストアが「験担ぎ商品」の販売に力を入れている。志望校合格に縁起のいい語呂合わせの菓子などが期間限定で続々と売り出され、コンビニの店内では受験生応援商品を集めたコーナーも登場している。
 「お守りや絵馬などよりも、菓子やカップめんは受験生にとってもより身近な存在で、気軽に験を担げる」と大手食品メーカー。消費者や小売店からの問い合わせも増えており、塾の講師が受講生のために験担ぎの菓子をまとめ買いするケースもあるという。
 追い込みに入った受験生らを引き付けるのが、巧妙な“語呂合わせ”だ。
 チョコレート菓子「キットカット(きっと勝つ)」が受験生の注目を集め、験担ぎ商品のきっかけをつくったネスレは今月十日、受験シーズン限定で、満開のサクラをデザインした「キットカットさくら風味」を発売する。
 明治製菓は昨年十二月、販売六シーズン目に入るスナック「カール」の合格祈願版「ウカール(受かーる)」に加え、キャンデー菓子「ハイレモン」を語呂合わせした「ハイレルモン(入れるもん)」も新たに売り出した。
 一方、セブン-イレブン・ジャパンは三日、語呂合わせの菓子やカップめん、健康栄養食品などを並べた受験生応援コーナーを設けたほか、ローソンも八日から三十日まで、ほぼ全店舗で専門コーナーを設置し、売り込みに力を入れている。

http://news.goo.ne.jp/news/sankei/keizai/20060108/m20060108010.html


管理人のセンター試験当日は雪が降り路面が凍結していたので、
周りでは「スベる」が禁句になっていました。
今思えば、学校とは非常にしょーもないコミュニティだったと思い返しています。

「カツ丼で勝つ!」とか、背番号と同じ日時に練習をはじめる野球選手とか、日本には異常とも思えるぐらいのゲンかつぎが存在するわけですが、
何の根拠もない「気持ちの持ちよう」をこれだけ常識化した日本人は、
ある意味天才だと思います。
これはすごい文化です。
スポンサーサイト