FC2ブログ



ラジオでしゃべるネタ帳です 話題に尽きないのが社会の恐ろしいところ


My Yahoo!に追加
ブログ人気ランキング

RSSフィード



最近の記事



カレンダー

09 | 2007/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



もう私も年ですから
大学時代の恩師(59)が、ブログをはじめた。

ずっとメルマガでコラムを書いていたのだが、
アダルト広告が入ると読者から苦情が来るため、こちらはやむなく休止。
しばらく、コラムを書かない日が続いた。

そこで、ブログを勧めた。
翌日には、ブログが開設されていた。
メカが苦手な団塊の世代において、とにかく行動が早い。

コラムを載せない10ヶ月の間、
ストレスが溜まったという。
発散は大事であるが、
ストレスの発散を新しいことへの挑戦に向けるのは、すばらしいことである。

中高年は「何かができない」=「何でも年のせいにする」
しかし、全てのことを年のせいにすれば、すべてが解決・簡潔するわけではない。
スポンサーサイト




ビールに寄せて
偶然、時同じくして、
東京の友人と同じビールを飲んでいた。

新製品:キリン・スパークリング・ホップ。

うまい、という意見で一致した。
キリンはうまいなーーー

味のキリン、
アイデアのサントリー、
人柄のサッポロ。

昼の中華料理屋
餃子でおなじみの王民王民餃子に行った。
超忙しいのに、ホール&レジ担当は1人。
片言のおばちゃん(推定40)である。

伝票も書かず、記憶力を頼りに、オーダーを通す。
が、記憶ほど不確かなものはない。
注文が通ってるか?と確かめた客に、
「ごめんな!」

・・・長年の連れか!
大衆店でのみ許される、客と店とのコミュニケーション。

天気予報で読めない雨
天気予報は晴れ。
実際は雨。
これほど怒り心頭なこともない。

昨日洗車したバイクは濡れ、
スーツは濡れ、
しかも数時間後に雨はやむ。
よくある、日本の切ない景色である。

夢を追うよりどころ
レッスンの1セメスターが終わって、通知表を前に講評。
前回の発声試験は、思ったほど悪くなかった。

受けた助言は
・刺激を受けること(なるべく外出して見聞きする)。
・見た目に気をつけること。
・とにかく基礎練習。

身近なプロのN村さんにできて、僕にできないはずはない。
その言葉を信じ、N村さんを目標に、そしてH村師匠を目標に、夢を追いかけるばかり。

繰り返される習慣
レッスンの1セメスターが終わり、成績表が配られた。
そして、レッスン生同士で、成績表を見せ合った。

小学校1年から繰り返される習慣。
そして、何かを見つけて褒めたり笑ったり。
こういう実力主義の世界では、
点数は人の価値を如実に示す。
良いか悪いかは別にして、これが現実だ。

非あいさつ運動
数ヶ月ぶりに、バイクの洗車をした。
初めて夜の洗車。

マンションの入り口にバイク置き場があるため、
3人の住民に出会ったが、
こちらから話しかけなければ、誰も声をかけない。
ただし、皆おおむね挨拶をするので、まだ救いようがある。

フリーター時代、後輩のマンション@大国町でエレベーターに乗ったとき、
乗り合わせた女子に「おはよう」と挨拶をしたところ、
「なんで挨拶すんねん」と、22歳と30歳の同僚男子がつっこんだ。
まさに非あいさつ運動。
せちがらい社会である。

麦で生かされる
メロンパンを食べた。
あんぱん、クリームパンと並んで、3大菓子パンのひとつ。

久々に美味いと思ったのが、
ファミリーマートのこだわりパン工房のメロンパン。
一口かじったときの、口に広がる香りがかぐわしい。

ビールと菓子パンは、どこか似ている。
麦の底力。

マツザカばっかり
5年前までは、ワールドシリーズの結果が
地上波の(スポーツニュースではなく)普通のニュースで流れるなど、
考えられないことであった。

ワールドシリーズで優勝したのはレッドソックス。
岡島もいるのに、松坂ばかりがスポットライトを浴びる。
ましてや、ラミレスの活躍は、一切報じられない。

スターが輝き、脇役はくすぶる。
これが、日本人の狭い関心のあらわれである。

ナンセンスな研究者
広辞苑が改訂されたことが、ここ2-3日のニュースになっている。

新語でよく取り上げられるのが、「ウザい」「めっちゃ」「サクっと」「おやじギャグ」。

とある女子評論家が、新語についてどうかと聞かれ、こう言っていた。
「声に出して読みたいと思うものが無い」

とてもナンセンス。日本終わってます。
彼女に質問提起2点。

1.逆説的に言えば、これまで広辞苑に採用されていた語は、
「声に出して読みたい」ものなのか。(例:毒薬)

2.今話してる言葉は、概ね戦後の言葉。
「日本語は変化するもの」という認識は無いのか。


加害者なき事件
南海電車の線路上に、ヘリが墜落した。
事件には通常、加害者と被害者がいるのだが、

被害者=ヘリ会社、ヘリに乗車した人、南海電鉄、南海電鉄利用者
謝った人=ヘリ会社、南海電鉄≠加害者

被害者が謝らなければならない構図。
南海は被害者なのに、架線と線路を修理し、乗客に謝り倒さなければならない。
おかしな話である。

常識外が常識を切り開く
ランチで、久々にバイキングに行った。

メニューのナカに、ぶどうジュースで炊いたご飯があった。
見た目は赤飯。
味は米の甘み。
香りが、ほのかにぶどう。

「米×ぶどう」のような、イマジネーションあふれるコラボ。
常識外が常識を切り開く。
野菜を沢山食べられて、とても良かった。

気配りのなさを悔いる
ゼミの同級生が半年前に結婚したのであるが、
そのときのビデオを見た。

新郎新婦ともゼミ仲間なのだが、
新婦は両親がいない(死別)。

新婦の苗字をQとすると、
通常、挙式・披露宴に出席する家族や親族のテーブルは
「Qさん」姓で占められるものであるが、
彼女のQという苗字の者は、誰も出席していなかった。
そんな彼女を支えたのが、先生方と新郎、新郎の家族。

仲間と喜びや悲しみを共有できる自分でありたかったのに、
それができる環境でもあったのに、
できていなかった自分の不徳。

自分がかつて経験したことのない、比にならない心労を経験した彼女。
大した支えになれなかった自分を、今でも悔やんでいる。

残念な人
不愉快なことであるが、公衆トイレは、いつも汚い。
大抵は掃除をしてくれる人がいるのであるが、
100%使う側に問題があるのである。

小便器の中に吸殻やガム、シンジラレナイ。
自分で掃除をしたこともないのだろう。
そういう人は、残念な人である。
年齢世代男女関係なく、そういう人がいるのは、不愉快である。

夙川
夙川に初めて行った。
阪急神戸線の駅前は、ロータリーが多い。
ロータリーにはバスが発着し、少しおしゃれなパン屋と、銀行やスーパーがあって、
周囲は住宅街。とても落ち着いている。

ないものねだりで、小ぎれいな街は、憧れてしまう。

ニューオープン
ニューオープンの店は、モノが安くなり、人が集まりやすい。
天満橋でユニクロがオープンしたので、
冬物インナーを買いに走る。

そこそこ安いのだが、
レジは文字通り100人ほどの列。
臨時のレジでも作ったらいいのに、
これでは買う気を無くすわけである。

1週間後には普段の落ち着きを取り戻す。
このレジに並ぶ苦労は、とても無駄なように思えるのである。

立派な上司の行動
ネクタイを忘れた。
最寄り駅までの道のりの途中で気付いたが、
今さら戻ったら遅刻してしまう。

途中の梅田で1000円ほどで売ってたら買おうとも思ったが、
あいにくそういう店は開店前。
諦めて会社に向かった。

上司のもとに行き、侘びを入れに行くと、さらっと受け流してくれた。
普段から温厚ではあるが、改めてそれを実感。
実に立派な上司である。

その日の帰り、カバンのファスナーの中からネクタイを見つけたときの
失望感といったら、忘れられるものではない。

人間味
社長が本社(千葉)からやってきた。
初対面。
とても腰の低い方、がんばってくださいと直々に言われた。

謙虚さは時に自身のなさになるが、
謙虚さは常に人間味を導く。
年下の緊張を解く、人間味あふれる人は、皆に好かれる。

常に賞賛される人
大学時代の教授のお誘いで、マジックバーに行った。

ウイスキーは、翌日に響くので、あまり飲まないようにしている。
が、美味くてついたっぷり飲んでしまう。

本物のマジックを目の当たりにした。
科学的に解明したい。自分ができるようになりたい。
マジシャンしかり、スポーツ選手しかり、
一般にできないことが出来る人は、常に賞賛される。

阪急への遠吠え
関西私鉄は、おおむね「核となる駅」が中心のダイヤとなっている。
となると、「小駅→小駅」の移動は、当然不便である。
ただ、需要が少ないので、仕方の無い話でもある。

「小駅⇔大駅」の移動はまだ便利かと思いきや、
この点、今日乗った阪急はとても不便。

十三から河原町まで乗ったのだが、
十三→(準急3分)→淡路(乗り換え待ち13分!)→(快速急行38分)→河原町

かくして、梅田→河原町は44分のところ、
南方→河原町は54分もかかった。
しかも烏丸まで座れない混雑。
という不満は、なかなかダイヤ編成には反映されない。

コミュニケーションの行方
ランチは松屋。
ビジネス街のお昼時は、持ち帰り客も多数いる。

とある女子客の行動。
1.ケータイで通話しながら、入店。
2.ケータイで通話しながら、券売機で食券を購入。
3.ケータイで通話しながら、店員のおばちゃんに食券を渡す。
4.ケータイで通話しながら、牛丼を待つ。
5.ケータイで通話しながら、牛丼を受け取る。
6.ケータイで通話しながら、退店。

無言で食べ物屋に入り、無言で用を済ませる。
昭和の時代には考えられないやりとりである。
食べ物屋から、コミュニケーションが排除された現代。

プエルトリコはアメリカである
知らなかった。
国だとばかり、思っていた。

プエルトリコは、アメリカ領土。
住民はアメリカ合衆国パスポートを持っている。
アメリカドルを使っている。

1898年の米西戦争終結のパリ条約によりアメリカ合衆国の保護領になった。
1917年に島民はアメリカ国民としての市民権を得て、
1952年にはアメリカのコモンウェルスとして内政自治権も獲得した。
1998年にアメリカ合衆国の51番目の州昇格を巡る住民投票が行われたが否決された。

ということで、住民はアメリカ領であることを嫌っている。

文化も違う。言語はスペイン語。
制度も違う。医療費はタダ。

ダディー・ヤンキー、リッキー・マーティン、ベニチオ・デル・トロ、
バーニー・ウィリアムス、ホルヘ・ポサダ、イバン・ロドリゲス、
有名人はいっぱい。

アメリカは、州のほかにも分類されている。
*連邦領: ワシントンD.C.
*準州・自治領: 米領ヴァージン諸島 | 米領サモア | グアム
*自由連合州: 北マリアナ諸島 | プエルトリコ
*合衆国領有小離島: ウェーク島 | ジョンストン環礁 | ミッドウェー環礁 など

クイズ番組は、知識の源である。

将来有望株
大阪には変人が多い。

路上で寝ながら「何見てんねん!」と叫ぶおっさん。
路上を通りざまに「僕のオナニー見てや」とせがむおっさん。

そして今日見たのは、幼稚園児。
裸足で、青信号の横断歩道をひたすら往復。
保護者らしき人物はいない。

おっさんの要素をたっぷり持った、幼稚園児最強説。

夢の達成が夢を強める
大親友がケータイ会社で、ケータイの企画を行う仕事をしている。

このたび、秋冬モデルの発表になったのだが、
彼の作品が、広く世に出た。

すばらしい仕事だ。
僕もラジオDJで、広く世に知れ渡る仕事をしなければ。


400円で贅沢気分
ランチで、2日続けて淀川河川敷での食事。
天気がいいから、やっぱり外に出たくなる。

オフィス街でおなじみの、弁当売りの行列。
たまたま並んだ弁当屋が、大当たり!

選んだのは中華弁当。
麻婆豆腐、酢豚、そしてエビチリ。
まさか400円の弁当でエビチリが3匹も入っているとは!
とても贅沢な気分になった。
これぞ、ごちそう。

どうやら神戸牛を扱う店の弁当だったらしい。
次は牛肉弁当を買おう。

久々にロンドンハーツを見た。
今までに買った、一番高いブラ

鈴木紗里奈:60,000円。

ふぇーーー

くわばたりえ:2980円。

それでも高い。
友人のマイミク日記にもあったが、
女子は生涯賃金が低いのに、出費はかさむ。

ブラしかり、服しかり、生理用品しかり、化粧品しかり。

コンパ代は女子のほうが安い の意味がやっと分かった。
男女は平等でない。
男に生まれて、今さら良かったと感じた。

通過儀礼
レッスンのオーディションが行われた。

・自己PR
・原稿読み
・トピック読み

出来は、最悪である。0点。
次は無い。
今後の反省材料にしたい。

季節の名物
この秋冬、初めておでんを食べた。
昨日は最低気温が10度を割り、季節が着々と移ろっている。

手軽にできて、美味い。
残り汁にうどんを入れて、二度美味い。
春はキャベツ、夏は冷やし中華、秋は米&さんま、冬はおでん。

2007年F1の幕切れ
キミ・ライコネン、まさかの大逆転勝利!!
深夜に目覚ましをセットして、F1観戦した甲斐があった。

・中島一貴デビュー戦、初のピットストップでスタッフを挽く。
・あまりに自然なフェラーリのチームオーダー。マッサの力量。
・ハミルトンのスローダウンからの歴史的追い上げ、ソフトタイヤ&3ストップの賭け。

今年のベストレースではなかろうか。
インテルラゴスは36度。
僕がとても好きなサーキットです。
また半年待たねばならぬのが、辛い冬。

淀川で秋を感じる
すばらしい秋晴れの日、
ランチは外で食べるに限る。

会社から、淀川河川敷まで歩いて10分弱。
コンビニで秋の味覚・松茸(おにぎり)を買った。

すすき、秋の花が咲き誇る淀川。
その横にブルーシートのテント。
大阪の景色である。

季節は、目と食で感じるに限るのである。