FC2ブログ



ラジオでしゃべるネタ帳です 話題に尽きないのが社会の恐ろしいところ


My Yahoo!に追加
ブログ人気ランキング

RSSフィード



最近の記事



カレンダー

09 | 2007/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



肝心なところを、聞き逃すな
亀田大毅の泥試合に、日本が流されている。
たとえばwikipedia...

保護:このページ「亀田大毅」は荒らしや編集合戦のため、方針に基づき保護されています。現在の記述内容が正しいとは限りません。ノートで合意が形成されるなど、保護を解除できる状態になった場合、保護解除を依頼してください。


良くも悪くも、経済効果はでているだろう。

「もう終わったこと」というコメントを残した内藤の声に、
みんな耳を貸せばいいのに。
スポンサーサイト




ITバブル到来!
入社して約1ヶ月。
漏れなく定時で上がっている。
僕だけでなく、入社○年目、入社○十年目の人も。

定時であがれる仕事がバイト&公務員以外にあったとは。
本当に幸せ、充実の日々である。
こんな日々は、いつまでも続いてほしいものである。

買い物にもいける。
帰ったら、食事を作る余力がある。
自分の時間を沢山とれる。
ITバブルは、遅れて僕のもとにやってきた。
なんて幸せなことだ。
これまでの苦渋の3年が、ようやく報われようとしている。

社会を支えるとは
ランチで、うどん屋に行った。
1分に1回は、熱湯から茹で上がったうどん・そばを上げる女子(年齢不詳10代~30代)。
これで時給○百円だから、大変な仕事である。
こういう仕事を続ける人は、心から尊敬する。

注文を間違えて、自分に舌打ちしながら、うどんを廃棄する女子。
大変さは、しみじみ伝わる。
大阪のうどんは、とてもうまい。
こういう人が、年収500万以上になれば、いい社会。