FC2ブログ



ラジオでしゃべるネタ帳です 話題に尽きないのが社会の恐ろしいところ


My Yahoo!に追加
ブログ人気ランキング

RSSフィード



最近の記事



カレンダー

09 | 2007/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



気配りのなさを悔いる
ゼミの同級生が半年前に結婚したのであるが、
そのときのビデオを見た。

新郎新婦ともゼミ仲間なのだが、
新婦は両親がいない(死別)。

新婦の苗字をQとすると、
通常、挙式・披露宴に出席する家族や親族のテーブルは
「Qさん」姓で占められるものであるが、
彼女のQという苗字の者は、誰も出席していなかった。
そんな彼女を支えたのが、先生方と新郎、新郎の家族。

仲間と喜びや悲しみを共有できる自分でありたかったのに、
それができる環境でもあったのに、
できていなかった自分の不徳。

自分がかつて経験したことのない、比にならない心労を経験した彼女。
大した支えになれなかった自分を、今でも悔やんでいる。
スポンサーサイト




残念な人
不愉快なことであるが、公衆トイレは、いつも汚い。
大抵は掃除をしてくれる人がいるのであるが、
100%使う側に問題があるのである。

小便器の中に吸殻やガム、シンジラレナイ。
自分で掃除をしたこともないのだろう。
そういう人は、残念な人である。
年齢世代男女関係なく、そういう人がいるのは、不愉快である。

夙川
夙川に初めて行った。
阪急神戸線の駅前は、ロータリーが多い。
ロータリーにはバスが発着し、少しおしゃれなパン屋と、銀行やスーパーがあって、
周囲は住宅街。とても落ち着いている。

ないものねだりで、小ぎれいな街は、憧れてしまう。