FC2ブログ



ラジオでしゃべるネタ帳です 話題に尽きないのが社会の恐ろしいところ


My Yahoo!に追加
ブログ人気ランキング

RSSフィード



最近の記事



カレンダー

11 | 2007/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



司会者の醍醐味
とある封筒が、ポストに届いた。
不意の手紙は、胸を躍らせる。
2次会の司会で担当した新郎新婦が、写真を送ってくれた。
ここまで気を遣ってくれる人と出会えたなんて、とても幸せなことである。

どこかの超不人気大物司会者が、結婚式の司会を断り続ける理由について
「建前だけ繕って人の幸せを祝うような仕事はやりたくない」と言っていたが、
心から人の幸せを喜べない彼は、ひもじい交友なんだろうと思う。
あるいはギャラ単価が安いのだろう。

幸せ真っ只中のところに、幸せはやってくる。
だから、結婚式の司会は、素敵な仕事だと思うのである。


スポンサーサイト




耐える理由
今の会社に入って、初日以来久々にカミナリを落とされた。

部下は上司の掃き溜めである。
上司から才能が逃げている。

そう言い続けながら、今日も耐える会社人間。
すべては愛する家族のため。
すべては叶える夢のため。

エンターテイメント
ロッテの営業努力は凄い。

新人入団発表会見といえば、記者が周りを囲むようなものであるが、
ロッテの会見は、ファンを集め、さながらショーであった。

1人1人名前が読み上げられ、
向かって後ろに向いた選手らがジャケットを半脱ぎし、背番号を見せる。
ロッテがファンの心を掴む理由は、こういう魅せ方にある。