FC2ブログ



ラジオでしゃべるネタ帳です 話題に尽きないのが社会の恐ろしいところ


My Yahoo!に追加
ブログ人気ランキング

RSSフィード



最近の記事



カレンダー

04 | 2008/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



京橋名物フランクフルト
京阪京橋駅のホーム売店で売っている、
フランクフルト1本110円。

皮目がパリっとして、気持ち旨い。
ビールと併せて食べている熟年男性がいたが、
これは最高のご馳走である。

売店の周りで、フランクフルトを個々に味わう。
日本の良い風景だ。
スポンサーサイト




長寿バンドの時代
6月で30周年!のサザンオールスターズ。
今年のライブ後は、残念ながら当面活動休止という。

たしか、20周年の時もそんなかんじだった。

長いスパンで活動するバンドには、
休みや徐行が必要なのだろう。
その休みの時間が、バンドを伝説化する。

ソロ活動やラジオは休まずやってくれるから、
なんか安心する。
そういう材料は、バンドが愛される要素。

キャッシュレスの時代
朝、Pitapaをカバンから探すが、見つからない。
札入れを家に置き忘れたようだ。

電車に乗り遅れたと150%諦めながら自販機に向かい、
小銭で切符を買ったところ、目的の電車が遅れていたようで、
無事に遅れずに乗ることができた。

しかし、ここからが面倒だ。
乗り継ぎのたびに自販機で切符を買い、
降りるときは切符を財布から出し、の作業。

改めてICカードのありがたみに浸ったわけである。
小銭だけの生活は、潤いがない。
誰かが言った「21世紀は、キャッシュレスの時代」を痛感した。