FC2ブログ



ラジオでしゃべるネタ帳です 話題に尽きないのが社会の恐ろしいところ


My Yahoo!に追加
ブログ人気ランキング

RSSフィード



最近の記事



カレンダー

05 | 2008/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



リピーターを集める新名神
高速バスで、はじめて新名神を通った。
素晴らしい。
衝撃の仕掛けがたくさん。

5.トンネル内の表示板の文字が長い
4.カーブの照明
3.トンネルが明るい!
2.甲南PAの自販機のカップ
1.甲南PAのトイレ

気になって調べてみると、それだけではない魅力が。
http://www.gaido.jp/clickalbum/detail.php?ID=1382&gaido_code=7

今回は通るだけだった土山SAをバス往復で観光したいと思った。
なんせキレイ、なんせまた行きたい。
スポンサーサイト




リモコン生活
マンションの管理会社の粋な計らいで、
エアコンと照明と給湯器が交換された。

特に、照明はランプが1個切れていたので、
買う手間がなくなってよかった。

また、エアコンは省エネタイプと見える新品。
つけるとホコリが舞った以前のタイプとは見違える。

フィルターは2週間に1度の交換が望ましいようだ。

workとlabor
今日の授業で紹介された、
単純に「職/働く」の意味を持つ、この2つの単語。
実は、まったく異なる由来である。

workは職人のような、クリエイティブ/自発性などの意味をもつ仕事。
laborは奴隷労働に由来する、賃金のために行う仕事。

workができるのは、一握りの人だけ。
思い通りに仕事を進められる(かつ成功する見込みが高い)workを行いたいものだが、
人並の努力では果たせないwork。