FC2ブログ



ラジオでしゃべるネタ帳です 話題に尽きないのが社会の恐ろしいところ


My Yahoo!に追加
ブログ人気ランキング

RSSフィード



最近の記事



カレンダー

05 | 2008/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



国家の無駄
ネット開発者で構成するベンチャー企業・ロケットスタートの矢野さとるさん(26)は6月12日、ネット上の犯行予告を集約するサイト「予告.in」を公開した。フォームから犯行予告情報を投稿してリアルタイムで共有できるほか、2ちゃんねる(2ch)やブログ、はてなブックマークから犯罪予告関連の書き込みを自動収集。犯罪防止に役立ててもらう狙いだ。
(中略)
矢野さんは11日夜、「増田寛也総務相が来年度予算の概算要求に、ネット上の犯行予告を検知できるソフトの開発費を盛り込む。費用は数億円かかる」という内容の報道を見て、「インターネットの仕組みを使えば、0億円で数時間でできる」と考え、実際に1人で2時間で作ったという。
報道にあったような、犯行予告を自動で検知するソフトの場合、関係ない情報を大量に収集してしまったり、検知をすり抜ける隠語が利用される――といった可能性があり、精度を高めるのが難しい。
 矢野さんは「2chで犯行予告を探し、通報しているボランティアは多い。そういった“ネット上の良心”をリソースに、人手で探す人海戦術のほうが、より精度が高いだろう」と考え、CGM(Consumer Generated Media)型防犯システムを発案したという。
 「最近は、ネットの悪い部分ばかり取り沙汰され、いい部分があまり出てこなくて悲しい。2chの住人の地道な活動などが、こういうツールやサービスを通じていい方向に使われれば」
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=515923&media_id=32

矢野さとる氏に、国は1億円を支払うべき。
システムづくりに頼るから、無駄に人や金が動く。
スポンサーサイト




夏の悪夢
蚊の登場である。
蚊帳をつけたいと思っている。

1000円くらいで売られていると思いきや、
最低価格帯が3000円。
高い。

蚊のあの羽音は、最悪という表現がまさに適する。
蚊の存在意義を、大人になってもなかなか見出せないでいる。

デジタルデバイド
パソコン系の授業についていけなくなった。
バグのせいである。

授業に置いていかれると、とても心わびしいものがある。
ソフトがないので、自宅でゆっくり取り組むわけにもいかない。

「若いもんにはついてかれへんわ」
高齢者の苦しみが感じられた。
かくして弱者の痛みを味わうことは、人間を広くすることである。