FC2ブログ



ラジオでしゃべるネタ帳です 話題に尽きないのが社会の恐ろしいところ


My Yahoo!に追加
ブログ人気ランキング

RSSフィード



最近の記事



カレンダー

05 | 2008/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



心配と優しさ
大阪に来た彼女。
雨の天気予報を見て一言。

「自宅の窓、締め忘れたかも」
「雨でベッドや布団が濡れてしまう」
それがしばらく経つと、
「空き巣に入られてたらどうしよう」
「明日、すぐ帰らなきゃ」
にすり替わっていた。

どうせベッドや布団は濡れてしまっているのに、
すぐ帰るというのは理由が見つからない。

彼女の弱点は心配性。
杞憂がストレスになるということは、ストレスの原因の実態がないということだ。
それが人への優しさでもあるから、
心配と優しさは表裏一体ということなのだろう。
スポンサーサイト




時々のご馳走は心を癒す
萱島駅前のお好み焼きの名店・ふる里へ。
やきそば大が600円。
お好み焼き&ビールとあわせても、2人2000円で酔えるわけである。

作るのに時間をかけているが、その分の味は別格。
重宝しているこの店に、約2年ぶりくらいに行った。
時々のご馳走は心を癒す。

PC指導
大学の同級生にPCで行う授業の課題を教えていた。
相手は60歳前後の3人。
大学院同学年の同級生である。

所要2時間。
彼女と会う貴重な時間を犠牲にした。
こういうことが後につながると信じて。