FC2ブログ



ラジオでしゃべるネタ帳です 話題に尽きないのが社会の恐ろしいところ


My Yahoo!に追加
ブログ人気ランキング

RSSフィード



最近の記事



カレンダー

06 | 2008/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



100円がーーー!!
ランチタイム、イヤホンがからまっていたので直していた。
片方の手にあった100円玉が・・コロコロコロ。
せつないことに、植木の下へ転がっていった。
まさにコントである。

前職であれば、間違いなく人目をはばからず探していたが、
もはや疲労困憊だったので、さっぱり諦めることにした。

100円あれば、1ランク上の弁当が買えたのに。
昨日のライブのドリンク代と思って、男は潔く。
でも、お金は大事にしなければ
という思いとの矛盾は包み隠せない。
スポンサーサイト




良い判断ができない
授業19時で終わった。
体調を考慮して早く帰宅すれば良かったのに、
ついつい21時まで居座ってしまった。

今、心に余裕がないのだろう。
仕事でカンカンになってしまっている。
最善と思った判断が、実は最悪であったりする。
そのせいで、今日もクラスメイトに迷惑をかけてしまった。

申し訳ない、心のゆとりのなさ。
それを受け止めてくれる、心の大らかなクラスメイトばかり。
こんな人たちに囲まれて、僕は幸せだ。


野茂引退
トルネード投法で日本人メジャー選手のパイオニアとなった野茂英雄投手(39)が現役引退を決めた。野茂は今季ロイヤルズでメジャーに3年ぶりに復帰したが結果を出せずに自由契約となり、その後も獲得に乗り出す球団は無かった。「プロ野球選手としてのパフォーマンスは出せないと思う」として引退を決断した。日米通算201勝(155敗)、米オールスター戦先発、メジャー両リーグでのノーヒットノーランなど数々の記録を残したトルネードは、多くの人々の心に鮮烈な記憶を残した。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080718-00000031-nks-base

古田が引退し、野茂も引退。
プロ野球界も、一時代の区切りを迎えた。

印象的だったのは、
「引退して後悔はありませんと言う選手もいるが、
僕の場合は、後悔が残ります」のコメント。

自分の力の無さを受け入れることほど、辛いことはない。
しかし野茂は、夢を与えた。
寡黙で地味な印象ながら、その存在感は大きい。