FC2ブログ



ラジオでしゃべるネタ帳です 話題に尽きないのが社会の恐ろしいところ


My Yahoo!に追加
ブログ人気ランキング

RSSフィード



最近の記事



カレンダー

01 | 2009/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



隠れ夜景
京大の桂キャンパスにやってきた。
施設が全部きれい。

山の上にあるということで、隠れた夜景スポット。
ただし、車がないと行けないキャンパス。
まさかのバス代230円。
スポンサーサイト




京都における付加価値
四条木屋町、ビルの1フロアに
足湯カフェがある。

お茶付き45分1000円。
足湯というだけですてきな響きだが、
実際のコストパフォーマンスは???である。

豆腐、抹茶(お茶)、床など、
京都にまつわる付加価値(という名のぼったくりワード)は実に多い。

いや、それだけ京都は土地代が高いのだ。

前代未聞が多すぎた
盛りだくさんの披露宴であった。
1・一家渋滞で間に合わず。
2・新婦の名前を読み間違え。
3・蝶ネクタイを正しく着こなせず。
4・顔テカりすぎ。

1は、うまく対処できた。
2は、今後注意するのみ。
3は、もはや覚えるのみ。
4は、定期的に油を取る。

フォーマットを覚えて、
自分の言葉にしなければ。
今日は教訓の多い一日だった。


美容院:犬の出産はリスクばかり
担当の美容師さんは、犬を飼っている。

新規客から「交配しましょう」という話があったらしく、
散々悩んだ挙句に断ったとのこと。

「ありがたい話ですが、今の私達には育てることができません」
「育てられるようになったら、お願いすることと・・・」
手紙で伝えるところに、誠意を感じずにはいられない。

上層部はこうして社員を辞めさせる
あくまで自然に、
しかし社員にわざと聞こえるようにして、
上層部同士が会話し、
「最悪のケースとして、
この部署の存続は無理だ」という緊迫感を煽る。

この部署=我が部署。
大企業を除き、社会は結果が全てである。

ユニコーン大迷惑
ツアーがはじまった。
まさかセットリストに『大迷惑』があるとは。
40-50代のおっさんが大迷惑をやってるなんて、
格好良すぎる。

これを生で見れるだけで、
2000円くらいの価値があるようなものである。

日本語ロックも成熟したものだ。
チケットを取らなかったことを後悔している。

アウェイの空気
職場で、初の日直がまわってきた。
皆の前でスピーチ。
緊張するのは、空気がアウェイだからだ。
話す内容は多々ある。

仕事場ということを考えて、
超無難な内容にまとめた。


意識とぶ
前夜寝付いたのはきっと2時頃。
AUDの緊張からか、
それとも就寝前のパソコンか。
実に、エスプレッソ2杯分。

翌朝の仕事となると、最悪である。
書いている字が読めない。
こんなときは、ビタミンジュース&ブラックコーヒーが効果的だが、
本当に意識が飛ぶと、飲む事すら忘れてしまう。


AUD
山を越えた。
出来はまずまず。
ら行を引き続き指摘されるようなら、
もうけじめのつけ時かな。


たぶん買い時
「iPhone3G」大幅割り引き
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090225-00000139-mai-bus_all

2年間使えば、端末代だけで、
ネットを使い込んでも4000円。

電話は「家族」と「ただ友」が無料とのことなので、
短い用件のみの電話で5000円。ウマーーーー
懸念は、1万円のバッテリーだけかな。
毎年のケータイ代と思えば、諦めもつく。
よし、買おう。



玉置石原結婚
事務所がないのに、ここまでのスクープ。
自分から売り込んだのではなかろうか。

この年齢ともなると、夜の相性だけで再婚なんだろうな。
さすがに驚いたが、もうとっくに興味はない2人である。


振り替え輸送
人身事故2件。。。
環状線と京阪で、まさかの連続人身事故。
あまりに嘆かわしい事態である。

ちょうど電車に乗ろうとした時に、アナウンス。
→「信号待ちです」
→「乗客が線路内に立ち入り、安全確認のため・・」
→「人身事故のため・・」

人生初の振り替え輸送。
きっぷはそのままで載れるっぽい

そろそろ新しい資格
自己PRがきまらないのは資格のせいだろうか。
それとも、やっぱり苦手なのだろうか。
26という年齢になっても、
未だに1分間の自己PRネタをうまく作れない。

タレントは、珍しい資格・特技のほうが重用される。
といっても、堂本光一や西村知美のように数で勝負はできないので、
質で勝負したい。

教員免許はけっこう多いが、中でも意外なのは
大友康平(中学・社会)
大泉洋(高校・社会科、地理歴史科、公民科)
角田信朗(中学1級、高校2級英語)
叶美香(幼児・小学校)
北川えり(家庭科)
楠田枝里子(化学)
清水ミチコ(中学家庭科)
田中義剛(高校・生物)
仲本工事(体育)
原辰徳(社会)
舞の海秀平(社会)
森公美子(音楽)


立派な資格に驚いたのは、以下の面々。
稲川淳二・小田和正:一級建築士
綾小路きみまろ:あんまマッサージ師
ウド鈴木(キャイ-ン):宅地建物取引主任者
大塚愛:幼稚園教諭
今井雅之:戦車
大林素子:剣玉8級
片岡鶴太郎:プロボクサー
サエキけんぞう:歯科医師
沢木美佳子:ファイナンシャルプランナー
釈由美子:剣道初段
手塚治虫:医師免許/医学博士号
ヒロコ・グレース:ファイナンシャルプランナー
箕輪はるか(ハリセンボン):剣玉1級、図書館司書
森公美子:調理師、保母

驚きベスト3は・・
1.光浦靖子:なまはげ伝道士
2.山崎邦正:第一種情報処理技術者試験(ソフトウェア開発技術者試験)のLinux使い
3.藤岡弘、:槍・手裏剣
http://cozalweb.com/ctv/menkyo/index.html

そろそろ新しい資格を取らなければ。

今後取得したい免許:
1.ファイナンシャルプランナー
2.ソフトウェア開発技術者試験
3.気象予報士

これに絞ろう。

WBC練習試合
練習試合のくせに、ここまでスポンサーがついている。
練習試合の録画でありながら、30%に迫ろうかという
まさかの高視聴率。

野球は、国技だ。
日本はいよいよWBC熱を帯びてきた。

野球不人気を謳った東京のメディア、全員氏ね。
どこまでも記者自身の枠・東京の枠でしか
真実を伝えられていない。


HIROSUE
オスカーを受賞した
映画「おくりびと」の女優・広末涼子が
CNNのインタビューを受けていた様子を
テレビで見ていた。

ずっと自然な笑顔でニコニコしながら
女優という職業を演じていたようで。
すごく輝いていた。

特に広末のファンというわけでもないが、
人前に立つのは、こうでなければ
という、お手本のようだった。
やはり大女優、格が違う。


天一
数年ぶりに天下一品を食べた。
やはり店舗によって味が違う。

大阪・福島店、旨くない。

にも関わらず、元ABCの近くだったからだろう、
サインがたっぷり飾ってある。
サイン書くくらいなら本店行けよ。
と言いたくなるわけである。


南極という選択
新婚旅行先の1つに浮上した行き先「南極」。
一般人が行けるという情報に驚きを隠せない。

1月末出発の16日間、日本発着で70万円、
アルゼンチン発着で40万円らしい。
南半球の夏季のみ運行とのことなので、
一般人が行けるのは3月までらしい。


アワビ
人生初のアワビを口にした。
まさかのたこ一にお目見え。
韓国産でありながら、1個あたり190円。
旨い貝には違いない。

ということで、自宅で捌く。
塩を身にふりかけると、みるみるうちに身が縮む。
そのままスプーンで貝柱ごとはがし、
あとは刺身&ステーキ。

刺身は、磯の香りがして良い歯ごたえ。
そして、ステーキが格別。内臓が良いソースになった。
酒を飲む予定ではなかったが、つい酒が進む。

天然の国産を口にすれば、さらなる感動が待っていることだろう。


WBCメンバー選出
5人漏れた。
不調・ケガ絡みの選手の落選は当然であるが、
意外なのはホークス・和田だった。

落胆した松中・岸・栗原・細川の映像は沢山あったが、
和田だけはテレビにもほとんど登場せず。
何かがあったとしか思えず、気の毒な気がする。


手軽な気分転換
手軽な気分転換
布団の配置を変えてみた。
これだけで、部屋の雰囲気が変わる。
ということは、気分転換に寄与する。

変化が多いと疲れる。
変化が少ないと平凡。
10年以上使用した敷布団も、とうとう寿命である。


自習室
天満橋駅の看板。
自習といえば、相場は図書館やファミレス、
あるいはコーヒーショップが一般的だが、
とうとうスペース専用に金を取る商売が登場したようだ。

http://www.jisyuu.com/
8時~23時

料金は・・・
・9,450円/日
・15,750円/月

たけー!!!!
ここを使うような金銭感覚は無い。



激安最高品質タキシード
スーツの卸売の店。

生地が本物でありながら、市価の半額程度。
10万円を覚悟していたタキシードだが、
8万円台で全てが揃った。

そして高級スーツも2万円で買えてしまう。
僕は一生モノの店を見つけた。

平気症候群
若い子が高層マンションから飛び降りる自殺が頻繁に報道されて嘆かわしいばか
りなのだが、
犯罪心理学では既に原因が解明されているらしい。

「平気症候群」
高いから平気という意識がもとで、落ちてしまうらしい。

高い場所は、住むところではない。
無論、同じ夜景はいずれ見飽きる。

1年半ぶりの面接、5年振りの会社説明会
行く前は憂鬱だが、
行けば予想以上に刺激を受ける。

年齢が余裕で下の勝ち組が雄弁に自社を語る様子。恵まれた環境での仕事はやは
り楽しそうだ。

筆記試験は、やはり配列の問題が多かった。
タイミング次第だが、面接に受かれば即行くだろう。

ジブラルタル
スペインとモロッコの間にある海峡、
言わずと知れたイギリス領。
空港と同一平面上に道路があるのが衝撃。
そして、そのための信号までも。

オフィスの笑い声~就活
半月が過ぎ、ようやく新事務所の様子が把握できるようになってきた。

どうやら仲は良さそうなものであるが、
集中力が欠けるほどに甲高い笑い声が頻発し、
ウザい限りである。

入り方のせいだろうか、転職は疎外感さえ感じる次第である。


環状線混みすぎ
JR西よ、ダイヤを替えろ。
18時台の混み方が半端ない。
朝よりも込み合う現実を、彼らは認識していないのだろうか。
この春、良い方向に向いてくれと言わんばかりの遠吠え。

作業衣萌え
窓掃除の作業員が、20代と見える女子であった。
男勝りなコスチュームが、僕の胸をときめかせるようである。

左官屋さん、工事現場、電気関係のエンジニア。
ポニーテールに括ったら完璧である。

コスプレ衣装としてもお手頃な、可能性を秘めた領域だ。


下請けの現状
一部上場の親会社がエンジニアを単価月90万で雇うところ、
下請けに出せば、子会社なら70となる。
さらに下請けに出せば、孫会社なら55となる。

やってる仕事は同じなのに、給与額は半分強。
せちがらいにも程がある現実。壁を越えるには、
運良く転職するほか無いだろう。

いかに仕事をとるか
会社先輩と飲みに行った。
上流の基本設計が儲かるという話を聞いた。
この1度の飲み会が、あわや人生の転機になるのかもしれない。