FC2ブログ



ラジオでしゃべるネタ帳です 話題に尽きないのが社会の恐ろしいところ


My Yahoo!に追加
ブログ人気ランキング

RSSフィード



最近の記事



カレンダー

01 | 2009/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



ピンポンダッシュ
いよいよ書類送検される時代になった。
次の日、多くの小学校の朝の会で、この話が引き合いに出されていると見える。
ちなみに、これをやったのは18歳。
小学生がピンポンダッシュをやっても、
書類送検にならないわけだが、
明らかな罪であるわけだから、積極的に補導してもらいたい。
長年に渡る日本の負の文化。


スポンサーサイト




上司に伝えたらしい
彼女が、上司に結婚の旨を伝えたそうだ。
返事の内容からして、大阪勤務の可能性が出てきた。
優秀な人材は、引き止められるか、もしくは予兆なくして自分で身を引く。


言論の不自由
十両力士・若麒麟が大麻を吸ったことを自白した。
「処分が甘い」と、マスコミ以下が一人を虐める構図。
虐めぬいたところで損も得もないのに、
解雇処分にしたところで相撲協会の体質が変わるわけでもなし、
どうなるという。
意味のないことを煽るマスコミは、もはや真実を伝えていない。
明らかにアメリカGHQの思想に染まる日本国民。

水泳の8冠男・マイケル・フェルペスも時同じくして大麻問題に揺れているが、
彼に対するアメリカの国民感情とは豪い違いだ。
98%の人は「彼は若いのだから致し方ない」と思っている。
これはこれでどうかとも思う。

天職を奪われ、マスコミに叩かれすぎなくらい叩かれているのだから、
少しばかり相撲協会の決断を擁護する人が居てもいいと思う。
でも、マスコミが居るから、自分の意見を大っぴらにできない。
現代の日本における「言論の不自由」の完成である。