FC2ブログ



ラジオでしゃべるネタ帳です 話題に尽きないのが社会の恐ろしいところ


My Yahoo!に追加
ブログ人気ランキング

RSSフィード



最近の記事



カレンダー

10 | 2009/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



名前を見ても顔さえ覚えてない人
それは大学の後輩である。
が、顔が一切思い出せない。
名簿を見返したところでようやく気づく。

実際、名簿を見返しても覚えていない
「こんな子おったっけ」レベルの人もいたりして。
それが7年という時間の長さを刻々と伝えている。

スポンサーサイト




守りに入ると脳機能は低下する
ビーバップが「脳の使い方」特集であった。

イチローがWBCで決勝タイムリーを打てたのは
言語野の活発化により反射神経の反応が向上していたから。

高橋尚子が五輪で優勝できたのは
サングラスを投げ捨てたことで
走るリズムをリセットし、速いペースに変えることができたから。

ドーハの悲劇で負けたのは、
攻めの姿勢ではなく守りに入ったから。

人生、守りに入ると老化する。
人生は攻めの姿勢である。


世界一のMVP!松井秀「夢みたい」「もう一度NYで」
ジャーリーグのワールドシリーズは4日、3勝2敗で9年ぶり27度目の優勝に王手をかけていたヤンキースがフィリーズを7-3で下し、悲願の世界一を9年ぶりに奪還した。5番DHで4試合ぶりに出場した松井秀喜は、先制2ランに続き、第2、第3打席でも連続2点タイムリーを放つなど勝利に貢献。日本人選手で初となるシリーズを通じてのMVPに選ばれた。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091105-00000566-san-base

これぞ野球の最高峰。
松井の後半戦は神がかっていた。
骨折以降の挫折が、確かに松井を輝かせている。