FC2ブログ



ラジオでしゃべるネタ帳です 話題に尽きないのが社会の恐ろしいところ


My Yahoo!に追加
ブログ人気ランキング

RSSフィード



最近の記事



カレンダー

12 | 2010/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



中国のグーグル検索に「天安門事件」登場、オフィスは厳戒
「ネットの検閲はもう続けない」と宣言した米検索大手のグーグルが13日、中国の検索サイト「Google.cn」に天安門事件やダライラマ、法輪功など従来は出て来なかった検索結果を表示するようになった。
これまでは同サイトで「天安門」を検索しても、天安門の写真が出てくるだけだったが、13日以降は1989年の天安門事件について解説したサイトへのリンクが表示されるようになった。ただし部分的に検閲された状態と検閲されていない状態が入れ替わるなど、不安定な表示が続いている。
グーグルは同日、中国でサイバー攻撃の被害に遭い、何者かが人権活動家の電子メールに不正アクセスしようとした痕跡があると発表し、「検索の検閲をこれ以上続けるつもりはない」と言明。今後の成り行きによってはGoogle.cnのサイト閉鎖や同社の中国からの撤退もあり得ると表明した。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100114-00000002-cnn-int

国と戦う姿勢、素晴らしい企業だ。
自らの利益を度外視しての、この会社の態度。
言論の自由を守るべく、心から応援したくなる。
スポンサーサイト




忌野清志郎さん:“未発表10曲”見つかる! 3月発売へ
昨年5月にがん性リンパ管症のため死去したロック歌手忌野清志郎さん(享年58)の未発表音源が、かつての東芝EMI(現EMIミュージックジャパン)の静岡県御殿場工場の倉庫から見つかった。
 89年に米ロサンゼルスで録音したアナログテープ計12本で、生前に清志郎さん本人も捜していた“幻の音源”。新アルバム「Baby♯1」として、デビュー記念日の3月5日にEMIから発売される。
 見つかったのは昨年9月。清志郎さんの事務所「ベイビィズ」の相澤自由里代表からの依頼でEMIスタッフが関係各所を捜し、東芝EMI時代の製造部門があった御殿場工場の倉庫でアナログ24チャンネルのマルチテープ12本を発見した。
 89年2月と3月に米ロサンゼルスの名門スタジオ2カ所でレコーディングしたもの。録音に立ち会った相澤代表によると、88年末に元「サディスティック・ミカ・バンド」のベーシストで音楽プロデューサーの小原礼(58)と意気投合し、一緒に渡米。モーテルに泊まり込んで現地のミュージシャンと制作した。
 収録されていたのは全10曲。新アルバムの表題曲「Baby♯1」(ベイビーナンバーワン)は、ライブでのみ歌われたためファンの間で“幻”とされていた作品。録音直前に誕生した長男・竜兵(たっぺい)さんへの思いを普遍的なラブソングへ昇華させた名曲だ。
 そのほか「ONSHA」「メルトダウン」などの社会派メッセージソングから「Young Blue」など力強いシャウト系の歌まで多彩な内容。清志郎さんは帰国後すぐにRCサクセションとソロの両方の活動に入り、小原もミカバンドを再結成したため、発売のタイミングを逃したままお蔵入りしていた。6年ほど前から清志郎さんがEMIに依頼していたが、なかなかテープが見つからなかったという。
http://mainichi.jp/enta/music/news/20100114spn00m200002000c.html

レコード会社のひた隠す音源は、
世の中に無数にあるはずである。
ラジオで流れるのが楽しみだ。

2010年★「消えて欲しい!」芸能人
http://www.tanteifile.com/geinou/scoop_2010/01/14_01/index.html

皆の意見は同じのようだ。