FC2ブログ



ラジオでしゃべるネタ帳です 話題に尽きないのが社会の恐ろしいところ


My Yahoo!に追加
ブログ人気ランキング

RSSフィード



最近の記事



カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



JR下関駅放火 74歳男を逮捕
七日午前二時すぎ、山口県下関市竹崎町のJR下関駅構内から出火、駅舎の木造部分や隣接する四階建ての乗務員センター、駅構内の飲食店舗など延べ約三千平方メートルを焼き、約三時間後に消し止めた。三角屋根の外観が独特だった昭和十七年建築の駅舎は、ほぼ焼け落ちた。駅とセンターには運転士や車掌、駅員ら宿直のJR社員計三十五人と、清掃作業員三人がいたが、全員が避難し、けがはなかった。
 下関署は、現場周辺をうろつき、火災の後、現場から三百五十メートル離れた駐車場にいた男を聴取したところ、犯行を認めたため、現住建造物等放火の疑いで逮捕した。
 逮捕された男は、住所不定、無職、福田九右衛門容疑者(74)。調べに対し、福田容疑者は「空腹でむしゃくしゃして、鬱憤(うっぷん)をはらすために紙に火をつけた」と容疑を認めている。各地を転々としており、「北九州から関西方面に行くつもりだった」と供述しているが、逮捕されたときには小銭しか持っていなかった。

http://news.goo.ne.jp/news/sankei/shakai/20060107/e20060107000.html


下関駅は、昭和18年に建てられた文化財級の駅舎。
大勢の旅人にとって思い出になっていることを考えれば、
その存在価値こそ文化財級といっても過言ではないでしょう。

放火した住所不定無職男、この一件によって一生涯3食宿&仕事つきの生活を送れるようになったことは、いうまでもありません。
これが現代社会の節の穴です。
借金を抱えた輩は、こういうところにも逃げ道があることを忘れてはなりません。
スポンサーサイト





この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック