FC2ブログ



ラジオでしゃべるネタ帳です 話題に尽きないのが社会の恐ろしいところ


My Yahoo!に追加
ブログ人気ランキング

RSSフィード



最近の記事



カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



ゆうパック訴訟、ヤマト運輸が全面敗訴
日本郵政公社の郵便小包サービス「ゆうパック」事業の拡大を巡り、宅配便大手「ヤマト運輸」が公社を相手に、コンビニエンスストア「ローソン」でのサービス提供の差し止めなどを求めていた訴訟の判決が19日、東京地裁であった。ヤマトは「独占禁止法に違反する不当な廉売などによって利益を侵害される」と訴えていたが、市村陽典裁判長は「不公正な取引方法にはあたらない」として、ヤマトの請求をすべて棄却した。
 ヤマトが提訴したのは04年9月。従来同社の宅配便だけを扱っていたローソンに、同年11月からゆうパックが参入すると決まったことを受けた。撤退を余儀なくされたとするヤマトは「税の免除など様々な優遇措置や、手紙やはがきの独占事業で得た利益をもとにした競争では、公正な競争にならない」と訴えていた。
 判決は「公社は優遇措置を受ける一方、郵便料金の認可制などの負担や郵便局を全国に設置する義務が課せられている」と指摘。「不当廉売かどうかを判断するためには、負担や義務が公社の事業に与える影響も検討する必要があるが、ヤマト側は主張も立証もしていない」とした。
 さらに判決は、各社の宅配便の平均単価が郵政公社605.4円、ヤマト運輸682.5円、佐川急便530.2円だと指摘。「他の競争事業者と比較しても高額なのにヤマト運輸は市場全体では最大のシェアを維持している。売り上げ、収益も伸ばしており、独占禁止法上禁じられる『事業活動を困難にさせるおそれ』があると認めるのは難しい」と述べた。

http://news.goo.ne.jp/news/asahi/shakai/20060119/K2006011902720.html


佐川急便がゆうパックより安いんですかー知らなんだ。
管理人はよくヤマダ電機のネットショップで買い物をしますが、
すべて佐川急便で配達されてきます。
ヤマダが売上1兆円を達成するほどに成功しているのは、
こういう配達業者の選択が正しかったからなんですねーなるほど。

とはいえ、民間業者は本当に苦境の毎日ですね。
とても民間業者で働く身にはなれません。
スポンサーサイト





この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック