FC2ブログ



ラジオでしゃべるネタ帳です 話題に尽きないのが社会の恐ろしいところ


My Yahoo!に追加
ブログ人気ランキング

RSSフィード



最近の記事



カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



メールでここ数年来、文末に「拝」を使っていた。
日本の伝統が、ここに根付く。

一世代上の上司が、これを指摘してくれた。
今後の無難な社会生活を送る上で、必要な知識だ。

同等、あるいはやや目上であって、親しい間柄にある人に宛てた手紙において、相手への敬意を表す際に用いられると考えるのが妥当でしょう。
やや距離のある目上の人にはやはり普通に姓名を記すのが無難です。
http://home.alc.co.jp/db/owa/jpn_npa?stage=2&sn=42

文化庁発行「『ことば』シリーズ9」の「手紙の書き方」には、
「敬意を表して、『田中一郎拝』『田中一郎再拝』と書くこともあるが、一般には『田中一郎』でよいのである。」
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail.php?queId=9630051
スポンサーサイト





この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する