FC2ブログ



ラジオでしゃべるネタ帳です 話題に尽きないのが社会の恐ろしいところ


My Yahoo!に追加
ブログ人気ランキング

RSSフィード



最近の記事



カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



亜久里代表F1正式参戦決定
元F1ドライバーの鈴木亜久里氏(45)が代表を務める「スーパーアグリF1」のF1新規参入が決まった。F1を統括する国際自動車連盟(FIA、本部パリ)から26日(現地時間)に、今季の参戦を正式に認められた。注目の第1ドライバーは佐藤琢磨(29)が確実で、エンジン供給はホンダ、タイヤはブリヂストン、車体のカラーは日の丸を意識した赤と白になる。開幕当初は旧型車両がベースとなるが、第6戦スペインGP(5月)にも新マシンを投入する予定。アグリが「日本代表」として戦い始める。
 待ちに待った決定だった。昨年11月の参戦発表から3カ月。27日にチームの施設を置く英国から帰国した鈴木代表は「やっとスタートラインに並べた。この3カ月、夜も眠れない大変な毎日だった」と満面の笑みで喜んだ。新規参入時の供託金4800万ドル(約55億2000万円)の支払いが遅れたため、再申請の手続きを経てようやく届いた吉報だった。
 会見では「日本代表」としての意地を強くのぞかせた。第1ドライバーが確実な佐藤とは先週会談。第2ドライバーは「外国人も含めて考え中」と言うが、エンジン供給はホンダ、タイヤはブリヂストン、車体は日の丸カラーと「純日本」。何より気持ちを強調する。「メーカー(という後ろ盾)で出ない分『日本のチーム』だと思っている。日本の若い人が目標にするチームにしていきたい」と目を輝かせた。
 すべてを急ピッチで進める。現在製作中のマシン「SA05」はテスト走行には間に合わず、初戦バーレーンGPの公式練習がお披露目になるという。だが、第6戦スペインGPにも新型マシン「SA06」の投入を目指す。強豪チームの年間運営費は数百億円といわれるが「スポンサーも交渉しているところが山ほどある」と意欲的だ。「最初はビリでも仕方ない。でも、新しい車に変わったらポイントは取れる。シーズン途中から強いチームにしていく」。新しい風を起こすべく、アグリの挑戦が始まる

http://news.goo.ne.jp/news/nikkan/sports/20060128/p-sp-tp3-060128-0001.html



やった!!!!
これで琢磨の雄姿を今年も拝むことができます!
それにしても、新規参入時の供託金4800万ドル(約55億2000万円)・・・高っ!
これが、いずれ使途不明金になってしまうと思うと、
F-1はやっぱり究極の商業スポーツやねんなーと思わざるを得ません。
スポンサーサイト





この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック