FC2ブログ



ラジオでしゃべるネタ帳です 話題に尽きないのが社会の恐ろしいところ


My Yahoo!に追加
ブログ人気ランキング

RSSフィード



最近の記事



カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



日本IBM、P2Pソフトで顧客情報を“公開”
日本IBMは30日、同社の顧客情報がP2Pソフト「LimeWire」のネットワーク上で閲覧・入手できる状態になっていたことを明らかにした。業務用PCでLimeWireを使用していた同社社員が、同ソフトの公開フォルダに顧客情報を誤ってアップロードしていたことが原因だ。
 「顧客8社のデータがネット上で閲覧できる」という社外からの通報があり、2005年12月26日に発覚した。通報を受けて調査したところ、社員が秋ごろから業務用PCでLimeWireを使用していたことが判明。社員のPCには、契約書や報告書、提案書などを含む計19社の顧客情報が保存されていた。現時点では、通報者以外に顧客情報が閲覧・入手された事実はないという。
 日本IBMでは、「Winny」などP2Pソフトによる情報漏洩が続出していることから、業務で使用するPCにP2Pソフトを導入することを禁止していた。今回の流出を受け、指定していないソフトの利用禁止を日本IBMグループ企業全体に再徹底するとしている。

http://news.goo.ne.jp/news/internet/it/20060131/iw2006013105-internet.html


Limewireの場合、いちいち専用フォルダにファイルを入れなければ、同ソフトの公開フォルダに顧客情報を誤ってアップロードしていたということはありえません。
よって、悪意がある事件。

そして、もうひとつ明らかになったことがあります。
会社のPCで音楽やら動画やらを落とせるという、IBMの社風の緩さ。
外資系だし、さぞかし働きやすいんでしょうねー
うらやましい。
スポンサーサイト





この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック