FC2ブログ



ラジオでしゃべるネタ帳です 話題に尽きないのが社会の恐ろしいところ


My Yahoo!に追加
ブログ人気ランキング

RSSフィード



最近の記事



カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



川柳も景気回復傾向 恒例のサラリーマン川柳発表
 「ウオームビズ ふところ常にクールビズ」――。会社員らが世相を詠む恒例の「サラリーマン川柳」の入選作100句を第一生命保険が6日、発表した。仕事の愚痴や夫婦関係を嘆きつつも、数年前のような不況を憂える暗さは消え、景気回復のなかで自らを笑う余裕を見せた作品が多かったという。
 「子はゲーム 家ではパパが無視キング」「総選挙 家では妻が総占拠」などと、家で居場所のない父親の立場を嘆く作品も多数あった。
 仕事に励んでも「刺客だと 言われ遠くへ飛ばされた」、はやりのメード喫茶になぞらえ「ご主人様 たまには家でも呼ばれたい」など流行語を取り込んだものも多い。
 若い世代の句も「20代 初めて知った好景気」「見切りつけ 辞めた会社が成長し」「あの社長 あの大リーガーも同い年」など力作ぞろい。
 2万1774句の応募があった。100句のうち、第一生命のホームページなどで投票を受け付け、ベスト10を5月上旬に発表する。

http://news.goo.ne.jp/news/asahi/shakai/20060206/K2006020603460.html



管理人も毎年楽しみにしています。
かつて、綾小路きみまろがネタに流用していたと事件の温床になったことがありましたが。。。

さて、このサラリーマン川柳、なぜ第一生命保険が主催しているのでしょうか。

第一生命のHP(http://www.dai-ichi-life.co.jp/tips/index.html)に行ってみると、
「日々の生活をより豊かなものにするためのヒントが満載」
とだけ書かれていました。

生命保険会社
-生命に関わる
-生命と生活は直結
-よりよい人生を
-豊かな人生
-「サラリーマン川柳」

という図式構造が伺えます。
スポンサーサイト





この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック