FC2ブログ



ラジオでしゃべるネタ帳です 話題に尽きないのが社会の恐ろしいところ


My Yahoo!に追加
ブログ人気ランキング

RSSフィード



最近の記事



カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


書評ポイント
研究者として人生初の投稿、
書評を書く事になった。

ポイントを押さえている記事を発見。
http://lifehacking.jp/2009/04/points-for-effective-book-review/

1. 最初の一文で引き込んでいるか?
「おや? これは読まないと損かもしれない」と読者を引き込む最初の一文が重要です。

2. 本を楽しんでいることが伝わってくるか?
書いている本人が読書を楽しんでいた・そこから満足を得ていたことがわかると、こちらも楽しくなったり、感心したりするものです。そしてそういう説明をされた本に、人は否応なく吸い寄せられます。

3. 本の本質を一撃で突いているか?
目を細めて本の「急所」を狙い撃ちするようにした方が、短い文章でインパクトの大きい構成を作れます。
一瞬のスキャンの間に、「面白そう」というイメージを投じなくてはいけないのですから、情報は少ない方が得です。

4. 個人的な体験や経験を織り交ぜているか?
なぜ自分にとってこれが大切な一冊になったかという背景を描き込むと、読者は背景を通してその本をイメージしてくれます。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。