FC2ブログ



ラジオでしゃべるネタ帳です 話題に尽きないのが社会の恐ろしいところ


My Yahoo!に追加
ブログ人気ランキング

RSSフィード



最近の記事



カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


毒ギョーザ逮捕、公表直前まで中国当局が激論
中国製冷凍ギョーザ中毒事件で、中国当局は容疑者逮捕から3月26日の発表まで、国内世論や日中関係への影響などをめぐって10日間にわたって内部検討を重ね、白熱した議論を続けていたことがわかった。 日中関係筋が20日明らかにした。
 容疑者逮捕は3月16日。当局には、これまで否定していた中国国内での犯行を認めることによって、インターネットで政府批判などの声が噴き出しかねないとの懸念があった。
 一方で、日中両国は「食の安全」に関する覚書締結に向けて動いており、事件を早期に決着させる必要もあった。
 発表前日の25日に開かれた会議でも、一部当局者が、ネット世論への懸念を表明した。しかし、結果的に「捜査の進展がないまま、覚書を結べば、かえって日中関係に悪影響を及ぼす」「公表を急ぐべきだ」との意見が多数を占め、これをもとに最高指導部の最終方針が決まったという。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100420-00001536-yom-int

「公表を急ぐべきだ」とか言って、おせーよ。
これだから、「本当は犯人でない人物を容疑者に仕立てている」と思われて当然である。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。