FC2ブログ



ラジオでしゃべるネタ帳です 話題に尽きないのが社会の恐ろしいところ


My Yahoo!に追加
ブログ人気ランキング

RSSフィード



最近の記事



カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


国内初!45歳以上がターゲットのラジオ局
 4月3日には大阪の第3FM『FM COCOLO』が、「WHOLE EARTH STATION」をキャッチフレーズに45歳以上のリスナーをターゲットにした大人のFMステーションとして生まれ変わった。ターゲットでセグメントしたラジオ局はFM COCOLOが初めてであることから、注目の存在となっている。

■FM COCOLOとFM 802の異例のコラボ

 そして、リスナーターゲットに則した番組編成・制作には、若い世代からの支持が厚く、関西FMステーションとして高い実績を持つFM 802が協力しているのも、『新生FM COCOLO』が注目を浴びている要因のひとつだ。

「10~30代がターゲットであるFM 802は、開局から20年が経ちました。当時リアルタイムで聴いていたリスナーも、今はミドル層になっていますので、かつてFM 802世代だった方々が大人になってから聴けるFMステーション、それが『新生FM COCOLO』だと考えています。もちろん番組DJやスタッフも同じだけ年齢を重ねているわけですから、リスナーを含む全員がそろって次のステージに行けるステーション、というのが最大のテーマです。そこで、FM 802の開局時から制作に携わってくださった方々の協力を得て、『FM 802メディアワークス』という制作会社を立ち上げ、FM COCOLOの番組編成と制作を請け負います。すなわち、ミドル/シニア層のリスナーと同じ目線で、DJや制作スタッフたちが編成・制作に関わっていきますので、非常に意義を感じています」(FM802代表取締役専務・栗花落光氏)

 かつてFM 802で活躍していた番組やDJが復活し、現在活躍中のDJも名を連ね、20年前にFM 802を聴いていた人には懐かしく感じるプログラムを放送するなど、他のラジオ局には実現できない個性が新生FM COCOLOにはある。また、今後は、FM 802が開催している日本最大級のオムニバスフリーイベント『MEET THE WORLD BEAT』などの経験を活かして、独自のライヴイベントが開催される可能性も考えられる。FM COCOLOとFM 802の異例のコラボレーションによるラジオ局発の新たな試みに注目していきたい。
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20100504-00000009-oriconbiz-ent

インターナショナルな内容では、やはり聴取層が限られたのだろう。
これはラジオ局が生き残る良い方法かもしれない。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。