FC2ブログ



ラジオでしゃべるネタ帳です 話題に尽きないのが社会の恐ろしいところ


My Yahoo!に追加
ブログ人気ランキング

RSSフィード



最近の記事



カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



藤木直人、結婚!…交際9年、お相手は6歳年下のOL
俳優で歌手、藤木直人(33)が大学生時代に知り合った6歳年下の一般人女性、A子さん(27)と入籍したことが28日、分かった。この日、藤木が公式HPで「12月27日入籍致しました。お相手は一般の方で、長年お付き合いさせて頂いている方です」とファンに報告した。交際は9年に及び、藤木は芸能界での活躍を陰で支えたA子さんとの愛を貫き通した。
 1メートル80の長身に甘いマスク、早稲田大理工学部卒のインテリと、非の打ち所のないモテ男の藤木が、一途な愛を貫き通した。
関係者によると、新妻のAさんは都内のCM制作会社に勤務するOL。長身で目鼻だちのはっきりしたモデル風の美人で、これまで何度か女性週刊誌に取り上げられた女性という。出会いは大学生時代の9年前。藤木が所属していた早大のサークルに、他校の女子大に通ったA子さんが入部し、先輩後輩の関係から、すぐに交際がスタートした。

http://news.goo.ne.jp/news/sanspo/geino/20051229/120051229001.html?fr=rk


大学生時代に知り合った6歳年下の一般人女性て、サークルでいったいどうやって出会うのか?
出会いは24歳。この時彼女18歳。
藤木の公式HPを見ると、大学卒業は1997年=8年前=当時25歳ですね。
藤木は3回ダブってるんですかね。
苦労人であることは間違いない。
こういう苦労があるから、名前の売れる俳優になるんだと思います。

「苦労は買ってでもしろ」
という言葉が、日本では名言のように祭り上げられていますが、
無駄な苦労は取り越し苦労。
茨の道は所詮茨の道です。
このように悪が美化されるのは、日本の悪い癖だと思います。
これが、管理人の退職時に明らかになった事実です。

内田有紀、吉岡秀隆と電撃離婚
俳優、吉岡秀隆(35)と女優、内田有紀(30)が21日、離婚届を提出した。2002年12月に結婚し、4年目に入ったところで結婚生活にピリオドを打った。同日、内田の所属事務所が認めた。両者とも、会見、コメントの発表は予定していない。
 関係者によると、「吉岡さんは、映画やドラマの仕事で家を空けることが多かった。彼はその間、有紀さんがしっかり家を守ってくれることを期待していたのですが、彼女がその孤独に耐えられなかったようです…」と夫婦で過ごす時間が減ったことが、関係の冷えた理由と説明する。
 2人は、02年9月に放送されたフジテレビ系ドラマ「北の国から2002遺言」で共演。ドラマの収録は前年の9月から半年に渡り、その間にドラマのストーリーそのままに愛をはぐくみゴールインした。同年12月7日には、ドラマの舞台である北海道・富良野のホテルで脚本家、倉本聰氏演出による幻想的な式を挙げ、共演の俳優、田中邦衛らから祝福された。

http://news.goo.ne.jp/news/fuji/geino/20051221/320051221028.html?fr=rk


渡部篤郎×村上里佳子、吹越満×広田レオナと離婚アベックが続いています。
さて、このニュースを見た職場の後輩(19)が放った一言

「内田有紀って、だれ・・・???(マジ顔)」

ということは、m.c.A.Tはなおさら知らないということになります。
m.c.A.Tを知らない日本人は、非国民。
と言い続ける20代を残して、時代は刻一刻と過ぎてゆきます。
22才、高校生のときに考えていた恋愛対象となる年齢の上限です。

和泉元彌逮捕、駐禁出頭要請に2年半も無視
何かとお騒がせな和泉元彌狂言師(31)=本名・山脇元彌=が、駐車違反を犯しながら2年半も再三の出頭要請に応じなかったとして24日、警視庁に道交法違反(駐停車違反)の疑いで逮捕されていたことが25日分かった。和泉は罰金1万円を支払い、即日釈放された。和泉は「仕事が忙しくて出頭できなかった。申し訳なかった」と弁明しているという。狂言師、大学客員教授、プロレスラーと肩書を連ねる和泉に、ついに「容疑者」の呼称がついた。
 交通執行課の調べによると、和泉は平成15年4月14日午後、東京都港区西新橋の路上のパーキングエリアに、乗用車を制限時間の1時間を1時間超過して駐車した疑い。

http://news.goo.ne.jp/news/fuji/geino/20051125/320051125030.html?fr=rk


路上駐車、道交法違反になるんですね。
路上駐車で前科一犯、こんなしょーもないことで捕まりたくないものです。

路上駐車といえば、横断歩道付近で客待ちするタクシーをとにかく取り締まって欲しいものです。
周りを見渡せば、本来取り締まるべきものを取り締まれない警察官ばかりです。
ケーサツとは、実にわがままな利でもって行動する人間集団だと思います。

手塚漫画「どろろ」が妻夫木&コウ主演で実写映画化!
 昭和42年に発表された故手塚治虫さんの怪奇漫画「どろろ」が、初めて実写映画化されることが16日、分かった。主演の百鬼丸役に、俳優の妻夫木聡(24)、どろろ役に女優の柴咲コウ(24)を抜擢、2人とも本格アクションに初挑戦する。タイトルは「どろろ DORORO」(塩田明彦監督)に決まり、平成19年に東宝系で公開予定。撮影はニュージーランドで行い、総製作費は20億円以上という超大作となる。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20051117-00000030-sanspo-ent



僕なら「妻夫木聡×柴咲コウ 婚約に一歩近づく」というタイトルをつけます。
優香はどうなったのか。
ISSAはどうなったのか。
そんな他人事ばかりが気になる。
我が足元を見ることもなく。

それがまさにDOROROだということです。

それはさておき、DOROROは手塚作品で一番好きです。
明確なストーリーの上に乗っかった浮遊感。
体の各部位を魔物に奪われた百鬼丸が、体を取り戻すために魔物退治しに旅に出る物語。

19.jpg

これが実写となると、妻夫木の体がえらいことになってるんでしょうねー

郷ひろみ、23歳OLと交際情報
米ニューヨーク在住の資産家令嬢(34)と離婚し、6月に帰国して芸能活動を再開中の郷ひろみ(50)に、親子ほどの年齢が離れたピチピチギャルとの交際情報が持ち上がった。デートが目撃されたのは、9月下旬。東京・代官山のダイニングバーで開かれたパーティーの席だった。
 出席者が郷に尋ねたところ、お相手の女性はレコード会社やプロダクションなどの業界人ではなく、一般のOLで年齢は23歳。

http://news.goo.ne.jp/news/fuji/geino/20051105/320051105001.html?fr=rk



23才、管理人とおおよそ同級生ですね。
50才の男といえば、付き合う可能性のある男前が世の中けっこういるものですが、
23才のフリーターが50才の女性と付き合うことが果たしてできるかどうか???

世間で言うところの50才といえば・・・
渡辺 えり子 (わたなべ・えりこ) 【女優、演出家】
矢野 顕子 (やの・あきこ) 【シンガー・ソングライター】
竹内 まりや (たけうち・まりや) 【シンガー・ソングライター】
上沼 恵美子 (かみぬま・えみこ) 【タレント】 
アグネス・チャン (Agnes Chan) 【タレント】 
宮川 花子 (みやがわ・はなこ) 【漫才師】  
坂口 良子 (さかぐち・りょうこ) 【女優】 


この名前をざっと見る限り、
世の中にはいろんな50才がいることを理解するとともに、
現代社会が男性社会であることを感じるわけです。